ハイドロキノンとトレチノインの乳首をピンクにする効果

 

黒い乳首をピンクにしたいのであれば、黒ずみの原因となっているメラニンをどうにかするしかありません。
メラニンを除去することができれば美白をすることができるので色をピンクにすることができるのですね。

 

メラニンを除去するのに優れたクリームや成分であれば、有名なのがハイドロキノンとトレチノインです。
肌の漂白剤とも呼ばれることもあり、メラニンを除去する効果があるなどして非常に優れている成分です。

 

しかし、ハイドロキノンにしろトレチノインにしろ乳首に塗ってみたが美白化する効果が全く感じれていない人は多いです。
その理由は何故なのでしょうか?

 

美白効果を体験できていないには副作用が関係しています。
ハイドロキノンとトレチノインは美白効果に非常に優れています。

 

しかし、優れているがうえに逆に悪影響となってしまう反面があるのですね。

 

美白することはできてもその分、悪化させていることもあり美白化を実感することができていないのです。
まずは、どんな副作用があるのか確認していきましょう。

 

ハイドロキノンとトレチノインの副作用

 

この2つの成分は美白に優れていると広く知られている反面、刺激が強い成分であることは非常に有名です。
人体への効果がある成分ではあるのですが、その分肌への影響も大きい成分なのですね。

 

副作用として白斑(白い点)があらわれたりやはメラニン色素沈着の悪化があげられます。

 

濃度の高いものを使用したり長期間使用することによって、多めに塗っていた部分が集中的に色が白くなってしまうことがあります。

 

美白効果が優れているが上に、部分的に白くなってしまいおかしな感じになってしまうのですね。そのため、一部だけ色が変化が現れてしまうなど塗った場所全体がきれいに美白化できないのでバランスがおかしくなることもあります。

 

そして、美白効果を感じれていない人が多い理由はもう一つの副作用の色素沈着です。

 

ハイドロキノンは紫外線を浴びることでシミを濃くしてしまう作用があります。洋服を着ていても紫外線を完全にカットできているわけではないので、色が白くする効果とともに黒くする原因にもなっているのですね。

 

メラノサイトでメラニンが過剰に分泌される原因に関しても肌への刺激があげられます。
ハイドロキノンやトレチノインのような刺激の強い成分を乳首に塗ることによって刺激が与えられ、色を黒くしてしまうメラニンを過剰に分泌する要因となっているのですね。

 

ハイドロキノンやトレチノインを塗ったにもかかわらずピンクにする効果を感じれない人が多かったり、逆に肌荒れがおきたり、乳輪の巨大化、色が黒くなるなどの現象に悩まされている人が多いのは副作用が関係しているのですね。

 

ハイドロキノンにしろトレチノインにしろ以前は日本では使用が認められていない成分でもありましたし、一定量以上を含まれている化粧品や薬を使うのであれば医師の診断が必要になるほどの刺激のある成分です。

 

乳首をピンクにする人は副作用を理解して使う必要があるのですね。
からだの中でも繊細にできている乳首に塗るのであればわたしとしては全くおすすめすることができない成分です。