ヨーグルトのホエイでは乳首がピンクにならない人が多い

 

一昔前に注目されたのがヨーグルトに含まれている液体であるホエイです。
どんなヨーグルトでもいいのですがスーパーやコンビニで購入してみれば半透明の液体が入っているのですが、これをホエイ又はホエーと呼ばれています。

 

このホエイにはタンパク質、ビタミン、カルシウムなど肌にいい成分がたっぷりと含まれています。
隠れた美肌成分として一気に人気がでました。

 

一時期、テレビでも何度か紹介される時期もあり、ホエイでパックをするホエイパックなどがはやることもありました。
そして、黒い乳首の人がホエイパックをして乳首のピンク化に挑戦をした人も多いです。

 

しかし、効果があらわれていないという声は非常に多く見かけます。
色々な掲示版などで効果があらわれなかったって発言されている人は多いのですね。

 

なぜ?効果があらわれていないのでしょうか?

 

 

ホエイで乳首がピンクにならないのは何故?

 

先ほども触れましたが、ホエイにはビタミンなどの肌にいい成分が含まれています。
そのため、ターンオーバーを促し、乳首が黒ずんでいる原因であるメラニン色素が沈着した肌を体外に排出させる効果があります。

 

確かに成分の原理を考えれば乳首をピンクにする効果がうまれそうではあります。

 

しかし、ホエイには美白成分として効果が高いとされているものが配合されているわけではありません。
美白に適している成分ではあるのですが、美白に最適な成分であるわけではないのですね。

 

そのため、美白する効果があらわれるにも時間がかかるのが考えられます。

 

もしも、あなたがヨーグルトのホエイを使ったにもかかわらず美白効果が現れていないとういうのであれば、長期間行っていないのではありませんか?
2ヶ月、3ヶ月利用したにもかかわらず効果がでないなんて考えていませんか?

 

そもそもホエイは乳首の美白をするためにつくられている訳ではありません。

 

美白効果を期待はできるのですが、時間がかかるのも考えなければならないのですね。
ダイエットに良い食べ物を食べればすぐに痩せるわけではありません。
美容にいい食べ物を食べればすぐに美肌になるわけではありません。

 

だからこそ、美肌にする目的に化粧品が開発されたり、ダイエットの効果を上げるために色々な商品が販売されているのですね。

 

いくら優れた成分ではあったとしても、単体では得られる効果は少ないですし、何かを目的につくられたものに比べれば効果が落ちてしまうのもしょうがあります。

 

数ヶ月から数年の長い期間で乳首をピンクにしていくのであればヨーグルトのホエイでもいいです。
しかし、できるだけ早くピンクにしたいのであれば、ピンクにするために大事となる成分を考えてつくられたクリームを利用するほうがいいでしょう。

 

だからといって、どんなクリームでもいい訳ではないので注意してください。
黒ずみの原因であるメラニンはメラノサイトと呼ばれる角質層よりも更におくにある肌の層で生成がされています。

 

しかし、メラノサイトまで成分が浸透しないピンクにするクリームも中にはあります。
美白成分やピンクにするために作られてはいるものの、肌に浸透をあまりしなく効果が現るのが非常に遅いものもあります。

 

その分、値段が抑えられたりしていたりもするのですね。
商品の価値は値段が全てではないですが、値段に見あった成分しか配合することができないのも事実です。